セミオーダー住宅の特徴

コストを抑えながらも自由度の高い家が建てられる

セミオーダー住宅はフルオーダー住宅と建売住宅のちょうど中間に属します。フルオーダー住宅ほどコストがかからず、建売住宅よりも自由度の高い家が建てられ、両方のメリットを合わせた住宅といえるでしょう。フルオーダー住宅の場合は、ゼロからスタートするため入居するまでに時間がかかりますが、セミオーダー住宅は基本仕様がある中にオーダーメイドの部分を組み合わせて作るため、より早く入居することが可能です。全てを思い通りにというわけにはいきませんが、定められた規格の中でアップグレードしたり、部分的に強いこだわりを入れたりすることができます。手間も少なく住み心地の良い家が作れるので、フルオーダー住宅よりもセミオーダー住宅の方が需要が高くなっています。

特殊な地形の土地には不向き

セミオーダー住宅は建売住宅よりも自由度が高いとはいえ、ある程度規格は決まっています。ベースになる設計プランは多いところでは1000パターンほど用意されていますが、ある程度の広さのある平らな土地に建てることを前提に作られています。特殊な間取りや、いびつな土地に建てるための設計プランは用意されていないため、特殊な地形の土地ではスペースを上手に活かした家が建てられない可能性が高くなります。狭い土地や特殊な地形なら、フルオーダーの注文住宅の方が良いでしょう。設備や素材は追加料金を払ってアップグレードすることができますが、基本となる間取りや外観デザインなどは追加料金を払ったからといって思い通りにできるわけではありません。

新築一戸建ては多くの方に注目されており人気が高いです。注文住宅では最新の設備が整った希望どおりの住宅にすることも可能です。